安全性について
HOME > 環境への影響

環境への影響

生分解性及び濃縮性

ビスフェノールAは日本の化審法に基づく試験ガイドライン(OECD TG 301C)では「難分解性」と判定されています。しかしその他の試験ガイドラインに基づく試験(OECD TG 302A, 301F等)では「良分解性」とされています。
河川水中でも分解すること、自治体の排水処理場などでは良く分解することが報告されています。
化審法に基づく魚を使った濃縮度試験では「低濃縮性」と判定されています。食物連鎖に従って高濃度に濃縮されることはありません。

水生生物への影響

ビスフェノールAに短期間(2~3日程度)曝露された場合の影響は、藻類・魚類・ミジンコ(甲殻類)とも1,000μg/Lより高い濃度が必要と報告されています。魚類を使った長期間の影響について、環境省は、メダカの試験で、繁殖に影響を及ぼす濃度は概ね1000μg/L以上と報告しています。EUのリスク評価書では、ファットヘッドミノーという淡水魚の3世代試験で、160μg/L以上では孵化率に影響がでる、16μg/Lでは影響なし、と報告されています。予測無影響濃度(PNEC)は、EUリスク評価書(2008)では1.5μg/L、EUのビスフェノールAメーカーのCSR(化学品安全報告書)では18μg/Lと計算しています。

環境モニタリング結果

河川中のビスフェノールA濃度は次のとおり報告されています。
年度 平成
11年度
平成
12年度
平成
13年度
平成
14年度
平成
15年度
平成
16年度
中央値
(ng/g)
0.025 0.03 0.02 0.025 0.02 0.015
95%値
(ng/g)
0.3 0.16 0.18 0.16 0.1 0.14
検体率
(%)
65.3 75.0 65.3 76.4 68.1 63.9

検出限界値(ng/g): 0.01

[出典]
平成16年度内分泌攪乱化学物質における環境実態調査結果のまとめ(環境省) 

考察

ビスフェノールAの環境水中の濃度は極めて低く、平成15年度の95%値で0.11μg/Lです。この濃度は、水生生物に悪影響が出ると報告されている最低濃度である160μg/Lに対して数百分の1(メダカに対しては数千分の1)で、予測無影響濃度に対して、10分の1以下(EUリスク評価書)或いは100分の1以下(CSR)になります。
以上のことから、ビスフェノールAが水生生物に悪い影響を与えることはないと考えます。

参考文献

1) C.A.Staples,et.al.,Chemosphere 36(10),2149-2173 (1998)
2) 化学品検査協会編集「化審法の既存化学物質安全性点検データ集」p4-11 JETOC (1992)
3) 横田弘文ら、化学品検査協会第4回研究発表会講演要旨集 p43-54 (1999)
4) 西川洋三、アロマティックス 51(1/2), 36-44 (1999) 
5) EUリスク評価書 (2003)
6) 環境省 平成16年度第1回内分泌攪乱化学物質問題検討会 資料5-2 (2004)

Copyright The BPA Safety Committee of Japanese Manufacturers (BSCJM)