海外の動向
HOME > 欧州の動向

欧州の動向

欧州の動向

欧州委員会の要請により、英国がRapporteur報告担当国として、2003年にBPAのEUリスク評価報告書(European Union Risk Assessment report on Bisphenol A)をまとめた。
そして、2008年6月には改訂版(UPDATED RISK ASSESSMENT)が報告された。
このリスク評価報告書の結論は次のとおり;
人の健康への影響
生殖・発生毒性、遺伝毒性、発がん性は、いずれも問題となる影響は認められない。
無毒性量(NOAEL) 50mg/kg/day(3世代生殖試験結果)
※研究会注記) 2008年リスク評価報告書の中で欧州委員会は、BPAを原料とするポリカーボネート樹脂及びエポキシ樹脂は所期の使用において消費者及び環境にとって安全であると結論づけている。

EUリスク評価報告書
European Union Risk Assessment Report Bisphenol-A
Part 1 Environment 
Part 2 Human Health 

欧州食品安全機関 (EFSA:the European Food Safety Authority)

欧州食品安全機関(EFSA)は、2006年にBPAの安全性の全面再評価を行い、BPAの耐容一日摂取量(TDI)を0.05 mg/ kg体重/日に確定した。同時に、成人、幼児、子供への食品と飲料を通してのBPA摂取についても評価を行い、それらの摂取は全て耐容一日摂取量(TDI)以下であることを確認した。

EFSA 耐容一日摂取量再評価のニュースリリース
Press release: EFSA re-evaluates safety of BPA and sets Tolerable Daily Intake 
Scientific opinion on bisphenol A (2006)  

欧州食品安全機関は、2008年、2009年、2010年そして2011年に新しい科学的研究の再評価を行い、そのたびごとに、BPAの耐容一日摂取量(TDI)である0.05 mg/ kg体重/日を見直すための、いかなる新しい証拠も特定できないと、結論づけた。

2012年2月、新しい科学的研究を精査するために、「食品接触材料、酵素、香料及び加工助剤に関する科学パネル」(CEFパネル)は、BPAのリスク評価の全面再評価に着手することを決定した。

最新の動向
2013年7月、欧州食品安全機関は科学的意見書素案の第1部として、特に、消費者のBPAばく露についての評価の意見公募を開始した。今回の再評価は、2006年以来はじめての再評価で、食事由来並びに感熱紙及び大気や粉塵といった非食事由来の両方をはじめて包含する。
欧州食品安全機関の科学的専門家は、全ての集団にとって、食事がBPAの主なばく露源であること及びばく露は欧州食品安全機関の前回の推定値よりもより低いことを、暫定的に結論づけた。

食品中のBPAの存在に関する公衆衛生におけるリスクの科学的意見書(曝露評価のパート)についての意見公募
Public consultation on draft Scientific Opinion on the risks to public health related to the presence of bisphenol A (BPA) in foodstuffs – Part: exposure assessment 

ビスフェノールAとREACH

新しい欧州の化学物質規制、REACH(Registration, Evaluation, Authorization and Restriction of Chemicals:化学物質の登録、評価、認可及び制限)は、2007年6月1日より施行した。
REACHの主な目的の一つは、化学物質の潜在的なリスクを評価出来るだけの十分な情報があることである。
主な欧州域内外のBPA製造者が(産業界の自主組織として)BPA REACH コンソーシアムを結成し、BPAの登録文書を作成し、2010年12月1日までに欧州化学品庁 (ECHA:the European Chemical Agency)に提出、登録を完了した。

欧州の枠組み

BPAは 食料品への接触を意図するプラスチック材料と成型品に関するEU規制10/2011/EUの中で食品接触材料への使用を許可されている。2011年1月に欧州委員会(the European Commission)は、ポリカーボネート製乳児用ほ乳瓶へのBPAの使用を禁止する委員会指令2011/8/EUを採択した。

欧州委員会 食品接触材料 法律リスト
Regulation EU 10/2011 on plastic materials and food contact materials – EUR-Lex

Copyright The BPA Safety Committee of Japanese Manufacturers (BSCJM)